暮らしの中の省エネ対策

省エネといわれて、真っ先に思い浮かべるのが電気です。

暮らしの中の省エネ対策

省エネといわれて、真っ先に思い浮かべるのが電気です

●45歳 男性

省エネといわれて、真っ先に思い浮かべるのが電気です。
家の光熱費の中で占める割合が大きいので、節約の効果も高いです。

発電に関しては、国レベルでも大きな問題となっているので、家庭レベルでも検討すべき課題であるということが出来ます。
節電に関しては、使っていないときには、出来るだけこまめに電源を切ることが基本です。

しかし、そのために家の中が薄暗くなったり、電源を入れたり切ったりする手間がかかりすぎるのは問題です。

そこで電源の管理とともに考えたいのが、省エネ製品の導入です。
エアコンや冷蔵庫など、製品そのものの省エネ性能が向上しているものもありますし、LEDのように新しい省エネ製品の普及もあります。現在使えるものを無理に置き換えることは、省エネに反してしまいます。そこで、故障して買い換えるときや、電球が切れたときなどに、積極的に省エネ製品を導入するように心がけているのです。


Copyright(c) 2017 暮らしの中の省エネ対策 All Rights Reserved.